自然の恵みを受けた「タヒボ茶」

赤紫色の花を咲かせるタヒボの花
赤紫色の花を咲かせる
タヒボの花

タヒボとは、地球最後の秘境、南米アマゾン川流域に自生する天然樹木です。

さて、タヒボの歴史は、遥か1500年以上の昔に遡ります。様々な言い伝えが貴重な資料となって残っています。

その昔、古代インカ帝国の先住民たちは、この樹木の内部樹皮を煎じ、健康の源、神秘の樹木茶として愛飲し、時には金と交換するほどの貴重な宝物として珍重されたと言われています。

タヒボの原木の切り株
タヒボNFDの原木の切り株。
チェーンソーでも伐採に
苦労する。

タベブイア・アベラネダエ
タヒボと呼ばれる樹木の学名です。このタベブイア・アベラネダエはノウゼンカズラ科の植物です。ノウゼンカズラ科の植物は世界中に広く分布しています。

しかし、世界中に広く分布しているノウゼンカズラ科の中でも、南米ブラジルのアマゾンに自生し、赤紫色の花を咲かせる、学名タベブイア・アベラネダエ、しかも特定地域のものだけがタヒボNFDの原料となります。大変貴重な原料を使用しているのがタヒボNFDなのです。

タヒボの断面
外皮の内側のわずか7mmの
部分だけが原料となる。

タヒボNFDの原木は、高さ30m、幹は直径1.5mに達するものもありますが、普通は直径50cm内外で直立しています。木質部は堅く、時にはチェーンソーでも刃が立たないこともあります。根は深く張り、激しい嵐にも倒されることはありません。

原木の外皮と木質部にはさまれた僅か7mmほどの内部樹皮(靭皮部)だけが、タヒボNFDの原料となります。内部樹皮には黄色味を帯びたもの、白っぽいものなど色々ありますが、赤みがかった茶褐色のものが上質とされ、タヒボNFDはこの高品質の原料だけを使用しています。

まさに、大自然が育んだ天然の恵みを一身に受け継いだお茶がタヒボNFDなのです。

タヒボNFDは、日本、米国、中国、台湾などで注目されています。

タヒボパートナーシップ実践会問合せ

▲ページTOPへ